<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018年 01月 31日
BIS講習受講

1月の半ばにアトリエハレトケの長崎さんとBISの講習を受けに北海道の札幌に行きました。

BISとは、Building Insulation Specialistという一般社団法人北海道建築技術協会が認定する「北の住まい」を設計する為の資格です。

北海道独自のローカルな資格ですが、「パッシブデザインの住まい」を設計する上で、とても有用な事が学べます。北海道の60年間に渡る断熱・気密技術のへの取り組みの集大成が学べる講習でした。

講習の前日に前乗りをして、札幌在住の建築家山本亜耕さんの設計した「まちなかの小さな300㎜断熱の家(澄川の家)」を見学させて頂いたのですが、新たな知見や今まで疑問に感じて来た事柄についての理解を得たり、大変有意義な時間を過ごすことができました。

d0056527_10282091.jpg

○「澄川の家」外観

山本亜耕さん設計による300ミリ断熱の住まい 外壁は、地場のとど松によるファサードラタン

d0056527_10283931.jpg

○「澄川の家」パッシブ換気空気取り入れ口

 2つある銀色のパイプから外気を取り込む、地中熱で暖めて基礎した空間に給気します。


d0056527_10285828.jpg

○「澄川の家」基礎空間(床下)

 正面の2つのパイプがパッシブ換気の外気取り入れ口、手前のファンコイルで加温します。

ワイヤメッシュで結束されている配管は、ガス熱源で建物外周部に温水を流しています。メインの暖房設備が簡略な物で驚きました。

断熱材の厚さが一定量まで行くと設備レスになることを実感しました。

d0056527_10291702.jpg

「北菓楼札幌本店」

安藤忠雄が大正時代の図書館を改修した「北菓楼札幌本店」講習の合間に見学をして来ました。


ma2da



[PR]

by han-arc | 2018-01-31 11:13 | パッシブデザイン
2018年 01月 23日
「根岸台の家」オープンハウスのお知らせ

この度、「根岸台の家」が竣工し、建て主さまの御好意により住まいづくりにご興味のある方を対象にオープンハウスを行う運びとなりました。


「根岸台の家」は、

南ヨウ壁からの眺望と日当りの良い敷地に建つご夫婦と小さなお子様2人の4人家族のすまいです。

1階のLDKには、南側に大きな出窓ベンチと3帖の小上がりの畳コーナーを持ち、家の中心に位置するオープンキッチンは、この住まいの司令塔です。

2階には、広いルーフデッキに面し、家族のライフスタイルの変化に合わせて間仕切家具等でレイアウトを変更する日当りの良い14帖の大きな寝室を計画しています。

屋根・壁面での付加断熱(高性能GW16Kg50㎜の付加)、ボード気密工法等を採用した

省エネ等級4以上の断熱・気密性能(「HEAT-G1」基準)を活かし、床下エアコンを用いて家の中全体が暖かくなるよう計画したパッシブデザインのすまいです。


是非お越し下さり、「気持ちの良い空間」と「居心地の良い環境」をゆっくりと体験頂ければ幸いです。


HAN環境・建築設計事務所   松田・冨田・南澤


■日時:平成30年2月4日(日) 10:00~16:00


■場所:埼玉県朝霞市根岸台2丁目

■交通:東武東上線「朝霞駅」徒歩20分

■お願い:お越しの方は事前にメール又はHPのお問い合わせフォームから申し込みをお願いします。

※お車でのご来場はご遠慮下さい 。

※お手洗いはご利用できません 。

■規模:木造2階建て

■延床面積:98.11㎡

■連絡先:HAN環境・建築設計事務事務所
e-mail/info@han-arc.com
tel / 03-5799-4285

d0056527_14562831.jpg



[PR]

by han-arc | 2018-01-23 15:00 | 「根岸台の家」