2018年 07月 15日 ( 1 )

2018年 07月 15日
「昭和のくらし博物館」

真夏の昭和のくらしを体感しに、登録有形文化財、築67年の「昭和のくらし博物館」に行ってきました。


初期の住宅金融公庫の融資を受けて建てた、いわゆる公庫住宅です。当時は建築資材が不足していたため小さく質素なつくり。


住宅地にあり、当時の暮らしをできるだけ再現してるためエアコン無し、当然、断熱材も無い住宅です。


西日の当たる15時ごろを狙って、炎天下を歩いて到着、覚悟して家の中に入ると、想定外に涼しい、、、。外が暑過ぎるのか?


案内の方に聞くと、2階は暑いが太陽光の入らない風が抜ける1階はなんとか大丈夫とのこと。

夏は、日除けや簾戸、のれんを風の抜けやすいものにするとのこと。


「昔の住宅は、風通しで、、、」と説明しますが、実際に体験できたのはいい経験になりました。


冬は、火鉢で暖を取ってるとのこと。

今度は真冬に行ってみたいと思います。

-minami-


d0056527_18262750.jpg

d0056527_18251523.jpg

d0056527_18251631.jpg


d0056527_18241177.jpg

d0056527_18241383.jpg

d0056527_18241607.jpg


[PR]

by han-arc | 2018-07-15 17:43 | 日常のこと