2018年 06月 19日
入笠山トレッキング
梅雨前の休日に建築仲間の有志数人と長野県の入笠山にトレッキングに行きました。
雲の無い快晴の中、新緑の唐松樹林、高層湿原を歩きまわり、高原の緑を楽しみました。また山頂からは、近くの八ヶ岳、遠くの南アルプスと360°のパノラマ展望が楽しめました。
日帰りで高原の景色を楽しめる山として、「入笠山」駅からのアプローチもし易くお手軽です。

「入笠山」
赤石山脈(南アルプス)の最北部にある山で、いわゆる「南アルプス前衛の山」の一つである。山頂には点名「入笠山」の二等三角点が設置されている。山頂近くまでゴンドラリフトや車道が通じているため、比較的容易に登頂することができる。山頂からはほぼ360度の大展望が広がり、南・中央アルプス八ヶ岳はもとより富士山や、遠くは北アルプスなども望める。周辺には大阿原湿原や入笠湿原などがあり、これらの湿原に自生する植物を楽しむこともできる。
d0056527_11163813.jpg
d0056527_11161716.jpg
○山頂からのパノラマ八ヶ岳、南アルプス、富士山が遠くに見える
d0056527_11152351.jpg
○新緑の唐松林は樹林が明るい、杉やヒノキの多い奥多摩や丹沢とは違います。
d0056527_11171422.jpg
d0056527_11154943.jpg
d0056527_11154106.jpg
○入笠湿原の眺め、植物は芽吹き直後で花畑になるのは、もう少し掛かりそうでした。
d0056527_11151200.jpg
○芽吹き直後のシダ
d0056527_11165008.jpg
○クリンソウが少しだけ咲いてました。
d0056527_11160218.jpg
○白樺のきれいな樹皮
-ma2da-






[PR]

by han-arc | 2018-06-19 11:32 | 登山


<< 吉屋信子記念館      「深沢の家」上棟 >>