2016年 10月 19日
「たまプラーザの家」着工間近
参加している「一般社団法人 田園都市建築家の会」でクライアントに出会った「たまプラーザの家」
着工間近です。週末、解体についての打合せを現地にて行いました。
南面が道路で開いており、日射の取得、遮蔽等、日射の利用を考えてパッシブデザインの住まいを計画しています。
d0056527_12501082.jpg
d0056527_12495162.jpg

by ma2da
[PR]

# by han-arc | 2016-10-19 12:56 | 「たまプラーザの家」
2016年 09月 29日
住まいづくりイベント参加
今週末の土日(10月1,2日)渋谷のHOUZZ JPANオフィスにて
「一般社団法人 田園都市建築家の会」による住まいづくりのイベントに参加します。
(私は、一日目のセミナーにて賃貸共同住宅の事例の発表をします。)
ご興味にある方は、是非、お越し下さい。よろしくお願いいたします。
ma2da
d0056527_21352714.jpg

[PR]

# by han-arc | 2016-09-29 21:42 | 告知
2016年 09月 25日
京都・奈良 小旅行
先週末は、芝居を見に奈良へ一泊の小旅行に行きました。
奈良への旅行は、数十年ぶりです。
途中京都で下車し、京都国立博物館、開花堂カフェ等を見学、2日は、奈良の市街を一日歩き、そのまま帰路へ、結構ヘロヘロになり、もう少し落ち着いた旅行にすべきと大変反省しました。
近頃雨ばかりですが、旅行中は、晴天にめぐまれました。
ma2da
d0056527_13273241.jpg
d0056527_1327155.jpg

↑京都国立博物館:圧巻の谷口ファサード!!
d0056527_13263018.jpg
d0056527_13261331.jpg

↑開花堂カフェ:茶筒製作の技術を使用して製作されたブラケットライト、casaBRUTUSの最新号にも記事出ていますね。
d0056527_13245059.jpg
d0056527_13243485.jpg

↑東大寺2月堂への路地廻り
d0056527_13241614.jpg

↑東大寺2月堂からの奈良市街への眺め
[PR]

# by han-arc | 2016-09-25 13:39 | 旅行・散歩
2016年 09月 12日
北アルプス燕岳
週末は長野出張からそのまま足を伸ばし安曇野へ。
両親と私たち夫婦、3歳の娘の親子3世代で北アルプスの燕岳(つばくろだけ)に登りました。

今年は山頂付近の山小屋、燕山荘(えんざんそう)で友人が働いていたこともあり、久しぶりのアルプス登山を思い立ちました。

燕山荘は「いちばん好きな山小屋」、「泊まってよかった山小屋」全国1位になるような人気の山小屋です。子供が生まれる前に夫婦でテントを担いで燕岳に登り、燕山荘の前でテント泊をしましたが、その時からいつか泊まってみたいと思っていました。

80年前に帝国ホテルの資金協力で建てられた本館は建物としても魅力的で、ディテールも素敵。
豪雪地帯である冬の北アルプスにおいて雪が積もらないほど強風が吹き荒れる過酷な環境の中、骨組みがしっかりしている建物は傾きも少なく、とても良い状態で現存しています。

そして何よりホスピタリティーが素晴らしいと感じました。
ようやく辿り着いた登山者への心のこもったお出迎え、翌朝出発するときの鋭気が養われた充実感、「泊まってよかった」と思わされました(笑)。
隅々まで手入れや掃除が行き届いていて、山小屋では有り得ないくらいトイレも綺麗で気持ちよかったです。

■燕山荘(えんざんそう)ホームページ
http://www.enzanso.co.jp/


今回は3歳の娘(15kg)を担いでゆっくりと時間をかけて登る必要があったので、前日は登山口近くの有明荘(ありあけそう)に宿泊。燕山荘と同じ経営者が運営しており、やはりこちらも建物やホスピタリティーが素晴らしい。
建物は特別凝ったデザインという訳ではないですが、簡素だけど細部まで丁寧に設計されているなという印象。
木々に囲まれた少し広目の露天風呂は今まで入った中でも、かなり好きな雰囲気でした。源泉掛け流しでお湯も気持ち良かったのでオススメです!

■有明荘(ありあけそう)ホームページ
http://www.enzanso.co.jp/ariakeso/index.html


燕岳は北アルプス三大急登の一つと言われ、標高差約1300m(海抜1450m→2763m)を一気に登りますが、道が整備されているので危険個所は無く、登山初心者でも安心して登れる山です。
今回は4時間半のコースタイムを倍の9時間かけて登る計画としたので、本格的な登山が初めての両親もそれほど身体に負荷がなかったみたいです。
登り初めは背中に担いでいた娘もすぐに歩きたがり、結局、全行程の8割、標高差1000m以上を自力で登り切ってしまいました・・・。アスレチック感覚でルンルンに登り、登った後もケロっとして皆の中で一番元気な小さな登山者に驚きと共に尊敬の念さえ覚えました・・。

休憩をしっかり取りながら、息も切れないくらいにゆっくりゆっくり登ると、話もできて楽しいし、身体も随分楽です。
全ての登山者の中で一番ゆっくりのペースでしたが、子連れ登山ならではの醍醐味かもしれません。
by tomita
d0056527_6162241.jpg

↑有明荘の外観。蚊よけの花、赤いゼラニウムのプランターが良きアクセントに。
d0056527_616502.jpg

↑ストック使いもすぐに会得。
d0056527_617939.jpg

↑岩場が特に好きらしくフォローしようとすると「(自分で登るから)触らないで」と怒られます(笑)
メレルの子供用防水トレッキングシューズが重宝しました。サイズは16センチから。

d0056527_7442513.jpg

↑山荘からの夜明けの風景。雲海の上に朝陽が射し美しい。
d0056527_7475573.jpg

↑夜明けの燕岳。山頂まで30分です。
d0056527_7493299.jpg

↑燕山荘から燕岳山頂までの30分は海辺を歩いているような感覚で楽しめます。
d0056527_6174623.jpg

↑山頂までの岩場も安全に登れます。
d0056527_618894.jpg

↑山頂から北燕岳を望む。
d0056527_6183027.jpg

↑山頂付近から燕山荘を見た風景。
d0056527_7523160.jpg

↑右上に見えるのが槍ヶ岳。数年前に槍ヶ岳に登ったのもこの風景を見たからです。
以前のブログです。
d0056527_6185298.jpg

↑燕山荘燕山荘フロント前の照明器具。カッコイイです・・・。

以上、北アルプス燕岳でした。
[PR]

# by han-arc | 2016-09-12 01:54 | 登山
2016年 09月 06日
前川建築と岩木山
先週末は、ASJの仙台イベントに呼ばれ、仙台に行って来ました。
久しぶりの東北、そのまま帰るのは、大変残念に思えたので、全くのノープランでしたが、
弘前に行き、前川国男の建物と岩木山を見て来ました。
弘前市民会館と弘前市立博物館は、改修後でとても奇麗な状態、
事務所近くの世田谷区庁舎が、大変残念に思えました。
弘前市庁舎は、改修工事中でしたので、全体が見られず、次の機会に期待です。
d0056527_19583279.jpg
d0056527_19575642.jpg
d0056527_19572692.jpg
d0056527_19564211.jpg
d0056527_1956458.jpg

曇りの予報だったので、岩木山は、見れないかなと思っていましたが、
歩いているうちに晴れてきたので、弘前公園から眺めたところ、雲の中からうっすらと頂上付近が見えました。
d0056527_1955229.jpg

ma2da
[PR]

# by han-arc | 2016-09-06 20:03 | 旅行・散歩
2016年 08月 23日
意外と近い九十九里浜
計画地を見に建主さんと九十九里浜の南端、千葉県の一宮町までドライブ。
都内からアクアラインを渡りそのまま千葉県を横断、1時間半くらいで到着。思っていたよりも断然近いです。
東京駅からもJR特急で上総一ノ宮まで1時間ですので通勤圏内かもしれません。それでこの環境!敷地が広く緑も多いし、海が近くてのんびりした雰囲気。

平屋で建てても有り余るほどの敷地で建物と庭の関係をどうとるか、
いつもより温暖な気候区域で室内温熱環境の最適解をいかに創るか、
といったところが計画のポイントとなりそうです。
d0056527_23381510.jpg

d0056527_23384097.jpg

d0056527_233975.jpg

d0056527_23392330.jpg

初めての九十九里浜で地平線を望み、随分遠くへ来た気分になりました。
by tomita
d0056527_23395761.jpg

[PR]

# by han-arc | 2016-08-23 23:08 | 九十九里の家
2016年 08月 15日
10年目の風の杜
10年目の風の杜に家族で遊びに訪れました。
竣工当初より緑が深く、落ち着いた雰囲気になりました。
風の杜は街にとっての資産とも言える豊かな緑をなんとか残したい、という「地主さんの思い」からスタートした集合住宅のプロジェクトです。
明治時代から残る庭園を住居からの贅沢な景観としてだけでなく、「自然の空調装置」として位置づけ、快適で豊かな暮らしづくり、次世代につながるまちづくりを目指しました。

計画の概要はこちらからご覧になれます↓
http://www.teamnet.co.jp/work/03.html
全体のコーディネーターであるチームネットさんのホームページです。

造園デザインはエービーデザインの正木さんです↓
http://ab-design.jp/

風の杜に関する過去のブログはこちら↓
http://hanarc.exblog.jp/i17/

by tomita

エントランスからの風景↓
d0056527_0331313.jpg

1階の苑路。再生した水場から心地良い水音が響いています↓
d0056527_0333693.jpg

庭の手入れも丁寧にされ、落ち着いた雰囲気です↓
d0056527_0341027.jpg

d0056527_0343189.jpg

庭につながる3階の南バルコニー↓
d0056527_0353291.jpg

北側アプローチ通路の植栽も豊かになっていました↓
d0056527_0364042.jpg

[PR]

# by han-arc | 2016-08-15 00:02 | 風の杜
2016年 06月 09日
ピーコンフック
 「元代々木Flat」に使用するため、コンクリート打放し壁用のピーコンフックをクライアントと共同で製作しました。
 素材は、アルミ、樹脂等でも試作品を作製しましたが、最終的には、ステンレスの削りだし品となりました。一番ハイコストでしたが、他の素材との金額差が思ったより小さかったので、質感を優先して選定しました。サイズは、長いもの、短いものと2種類作成してみました。

d0056527_2012445.jpg

d0056527_2013214.jpg

d0056527_20152995.jpg
d0056527_20122595.jpg


ma2da
[PR]

# by han-arc | 2016-06-09 20:17 | プロダクトデザイン
2016年 06月 06日
館名板の設置
 竣工して既に二ヶ月程経ちますが、「中野テラス」の館名板がやっと完成したので、取付けの立ち会いに伺いました。
 素材は、真鍮のバイブレーション仕上げとしています。初めは切り文字で検討していたのですが、取付ける面が外断熱のEPSボード面だったので、建設会社と打合せを重ね、抜き文字のタイプに変更しています。字体は、クライアントの知り合いのイラストレーターの方にお願いしております。
 今回初めて、真鍮のバイブレーション仕上げにしてみましたが、落ち着いた素材感のある仕上がりで満足しています。
d0056527_20271414.jpg
d0056527_20265882.jpg

ma2da
[PR]

# by han-arc | 2016-06-06 20:30 | (仮)中野5丁目計画
2016年 06月 04日
ヒメイワダレソウ
 3月中旬に竣工した「中野テラス」の屋上緑化として、ガーデンデザイナーからの提案により、グランドカバーとして「ヒメイワダレソウ」を植え込みました。
屋上緑化と言えば、「芝」「セダム」等が、頭に浮かびますが、「ヒメイワダレソウ」の方が、手間いらずで、初夏から秋まで小花が咲いて良いとの話を聞き採用しました。
 先日久しぶりに「中野テラス」に伺い、屋上を確認してみると、植えて2ヶ月程で土の部位がほぼ半分程、緑で埋まっていました。この分だと夏までには、ほぼ緑で埋まりそうです。
 また、とてもかわいらしい小さな花が咲き乱れ、初夏の草原のような雰囲気で、屋上緑化の緑としては、とてもおすすめです。

d0056527_20684.jpg
d0056527_2054488.jpg

科名:クマツヅラ科
属名:イワダレソウ属
学名:Lippia canescens
別名:リピアカネスケンス・姫岩垂草
みずやり:水を好む
場所   :外の日なた
難易度 :初心者向け
「ヒメイワダレソウは、クマツヅラ科・イワダレソウ属に分類される常緑の多年草です。「リッピア」という別名でも親しまれており、昭和初期に日本へ渡ってきました。
草丈は5~15cmで、地面を這うように茎が伸びて広がります。また、根は40~60cmと地中深くまで伸びます。細長い楕円形の葉っぱが互い違いに生え、両面に短い毛が生えるのが特徴です。花は白やピンク、中間色の3~4mmほどの小花が集合し、直径1~1.5cm程度の球状になります。
ヒメイワダレソウは、耐寒性や耐暑性に優れているほか、耐踏圧性もあることから、グランドカバーに利用されます。」との事です。

ma2da
[PR]

# by han-arc | 2016-06-04 20:25 | (仮)中野5丁目計画