<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 26日
北八ヶ岳登山
北八ヶ岳に行ってきました。
美しい白駒池の風景、深い苔の森、山頂からの眺望など、子供連れでも満喫できるオススメのコースでした。

娘(3歳)連れの登山計画を練る中で、北八ヶ岳は計画を立てやすく、実際にかなり魅力的だと感じたので情報を共有します。
みなさん是非!

北八ヶ岳は今回2度目。
初めて訪れた時は小雨でしたが、雨で苔の森が生き生きして、スタジオジブリ「もののけ姫」の舞台にいるようでした。
※実際は屋久島が舞台ですが、ここにも「もののけの森」と名のつくエリアがあります。
d0056527_20482917.jpg
■エリアマップです↓
□白駒荘ホームページより

□北八ヶ岳苔の会作成
とにかく苔が美しいです!

■今回のコースは
1日目:麦草峠(標高2130m)→丸山(2330m)→高見石(2300m)→白駒池(2115m)→白駒荘泊(標準コースタイム約2時間/3歳子連れタイム約3.5時間)
2日目:白駒池周遊(2115m)→にゅう(2352m)→白駒荘(標準コースタイム約2.5時間/3歳子連れタイム約3.5時間)

多少のぬかるみはありましたが危険のないコースでした。
3歳の娘は両日とも登りは自力登頂、下りはリュックに背負いました。5歳位になると登り下り共に平気な気がします。

■子連れ登山としてオススメの理由です!
1.気軽で魅力的なコースがいくつか
□麦草峠〜高見石〜白駒池:高見石小屋に泊まるならこのコースも手軽です。
□白駒池周遊:登山をしなくても、池の周遊+白駒湿原だけでも十分満喫出来ると思います。
□白駒池〜にゅう:神聖な苔の森に足を踏み入れ、頂上からは白駒池やアルプスの山々が望めます。
□白駒池駐車場側〜麦草峠:黒曜の森と呼ばれ、ハイマツが美しいコース。プラスアルファで加えるのも良いかと。

2.宿泊場所が色々
白駒荘:白駒池の展望が良い、家族連れには過ごしやすい宿
青苔荘:白駒池のほとりの山小屋的宿。テント場もあるので車でのアクセスなら荷物も予算も気軽!
高見石小屋:星空観測で有名な宿、天体望遠鏡あり
黒百合ヒュッテ:登山者には人気の名宿。子供が小学生になればコース的にも十分大丈夫かも。 
 
3.アクセスも気軽
□道路も整備されていて、自家用車があれば気軽にアクセスできる
□JR中央線茅野駅から路線バスあり
※路線バスは7/1から運行だったので、今回は4人でタクシーにて、10000円弱。
□北陸新幹線-佐久平駅から路線バスあり

4.魅力的な季節が長い
□冬季:雪山登山の入門コースとしてよく雑誌等で特集されています。
□春、夏:6月〜9月 苔と針葉樹シラビソ、落葉樹ダケカンバの森をどの時期でも満喫出来ます。
□秋:白駒池の紅葉は絶景です!
  
5.近くに「信玄公の隠し湯」と呼ばれる渋温泉あり
渋御殿湯:かなり雰囲気あります。一度は是非。
渋辰野館:今回はタクシー運転手オススメのこちらへ。隠し湯的な雰囲気は「渋御殿湯」のほうが大きかったです。

北八ヶ岳の苔の森には初登山の友人もかなり感動してました。
子連れでも、大人だけでもオススメです。

by tomita
d0056527_20482722.jpg
白駒池と白駒荘の風景
d0056527_20483461.jpg
白駒湿原を歩く
d0056527_20483888.jpg
「にゅうの森」
d0056527_20483796.jpg
「にゅう」への登山路
d0056527_20483925.jpg
「にゅう」山頂
d0056527_20484255.jpg
「白駒池」を見下ろす
d0056527_20484593.jpg
山頂にて
d0056527_20484749.jpg
背中で快適な娘
d0056527_20484930.jpg
白駒池

  



[PR]

by han-arc | 2017-06-26 03:36 | 登山
2017年 06月 01日
「九十九里の家」模型写真
ファーストプレゼンテーションの模型です。
当初と大きな構成は変わらず、大らかな平屋住宅になりました。

実施設計を終え、これから工事が始まります。
11月の竣工に向け月2回程度、九十九里に通います。

by tomita
d0056527_674320.jpg

d0056527_673419.jpg

[PR]

by han-arc | 2017-06-01 19:36 | 九十九里の家