<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2016年 06月 09日
ピーコンフック
 「元代々木Flat」に使用するため、コンクリート打放し壁用のピーコンフックをクライアントと共同で製作しました。
 素材は、アルミ、樹脂等でも試作品を作製しましたが、最終的には、ステンレスの削りだし品となりました。一番ハイコストでしたが、他の素材との金額差が思ったより小さかったので、質感を優先して選定しました。サイズは、長いもの、短いものと2種類作成してみました。

d0056527_2012445.jpg

d0056527_2013214.jpg

d0056527_20152995.jpg
d0056527_20122595.jpg


ma2da
[PR]

by han-arc | 2016-06-09 20:17 | プロダクトデザイン
2016年 06月 06日
館名板の設置
 竣工して既に二ヶ月程経ちますが、「中野テラス」の館名板がやっと完成したので、取付けの立ち会いに伺いました。
 素材は、真鍮のバイブレーション仕上げとしています。初めは切り文字で検討していたのですが、取付ける面が外断熱のEPSボード面だったので、建設会社と打合せを重ね、抜き文字のタイプに変更しています。字体は、クライアントの知り合いのイラストレーターの方にお願いしております。
 今回初めて、真鍮のバイブレーション仕上げにしてみましたが、落ち着いた素材感のある仕上がりで満足しています。
d0056527_20271414.jpg
d0056527_20265882.jpg

ma2da
[PR]

by han-arc | 2016-06-06 20:30 | (仮)中野5丁目計画
2016年 06月 04日
ヒメイワダレソウ
 3月中旬に竣工した「中野テラス」の屋上緑化として、ガーデンデザイナーからの提案により、グランドカバーとして「ヒメイワダレソウ」を植え込みました。
屋上緑化と言えば、「芝」「セダム」等が、頭に浮かびますが、「ヒメイワダレソウ」の方が、手間いらずで、初夏から秋まで小花が咲いて良いとの話を聞き採用しました。
 先日久しぶりに「中野テラス」に伺い、屋上を確認してみると、植えて2ヶ月程で土の部位がほぼ半分程、緑で埋まっていました。この分だと夏までには、ほぼ緑で埋まりそうです。
 また、とてもかわいらしい小さな花が咲き乱れ、初夏の草原のような雰囲気で、屋上緑化の緑としては、とてもおすすめです。

d0056527_20684.jpg
d0056527_2054488.jpg

科名:クマツヅラ科
属名:イワダレソウ属
学名:Lippia canescens
別名:リピアカネスケンス・姫岩垂草
みずやり:水を好む
場所   :外の日なた
難易度 :初心者向け
「ヒメイワダレソウは、クマツヅラ科・イワダレソウ属に分類される常緑の多年草です。「リッピア」という別名でも親しまれており、昭和初期に日本へ渡ってきました。
草丈は5~15cmで、地面を這うように茎が伸びて広がります。また、根は40~60cmと地中深くまで伸びます。細長い楕円形の葉っぱが互い違いに生え、両面に短い毛が生えるのが特徴です。花は白やピンク、中間色の3~4mmほどの小花が集合し、直径1~1.5cm程度の球状になります。
ヒメイワダレソウは、耐寒性や耐暑性に優れているほか、耐踏圧性もあることから、グランドカバーに利用されます。」との事です。

ma2da
[PR]

by han-arc | 2016-06-04 20:25 | (仮)中野5丁目計画
2016年 06月 03日
「元代々木Flat」オープンハウスのお知らせ
d0056527_895268.jpg

このたび、共同住宅「元代々木FLAT(共同住宅)」が竣工し、
建て主さまの御好意により、ご興味のある方を対象にオープンハウスを行う運びとなりました。

・中央環状線を挟み、「代々木公園」・「代々木八幡宮」に対面した敷地に建つ賃貸の集合住宅で、ワンルーム、1LDK、メゾネット等バリエーションのある住戸で構成されています。
・傾斜地の為、最下階を地階扱いとし、地上5層の壁構造として計画しています。
・敷地中央で、法規制が異なる(第1種低層住居専用地域と準住居地域)ため、4階には広いルーフバルコニーを設け、準住居地域側にメゾネット2層の住戸を割り振ることにより容積率をほぼ消化しています。
・建物外周の湿式外断熱工法(ドライビット)、開口部の断熱サッシ・LOE-Wガラスの採用、日射負荷の高い上階西面開口部への外付けブラインド(ヴァレーマ)の設置、等賃貸の集合住宅ながら「パッシブデザイン」の手法を多く取り入れ、2020年〜の省エネ義務化への事前対応等、環境に配慮した仕様として計画しています。
・これまでのマンションには無い新しい取り組みとして、共用設備として、電気ヒートポンプで作られた温水で外断熱コンクリート躯体に蓄熱し、風がない暖房を全床で実現しています。暖房費用を管理費用に含めることにより、快適性を担保します。
 また、冬に災害が発生した場合、電気が止まっても躯体蓄熱により3日間ほど暖かさが確保できるのも特徴です。

是非お越し下さり、ゆっくりとご覧頂ければ幸いです。
HAN環境・建築設計事務所   松田・冨田・南澤

■日時:平成28年06月11日(土) 11:00〜18:00

場所:東京都渋谷区
交通:小田急線「代々木八幡」、千代田線「代々木公園駅」から徒歩6分
   (お車での来場はご遠慮ください)
お願い:お越しの方は事前にメール又は電話にてご連絡お願いします
案内図を送らせて頂きます
お手洗いは利用できませんのでご了承下さい

連絡先:HAN環境・建築設計事務所
    tel / 03-5799-4285、090-8041-6545(松田)
    E-mail / info@han-arc.com

ご興味のある方は、事務所までご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。
[PR]

by han-arc | 2016-06-03 08:13 | (仮)元代々木町計画
2016年 06月 01日
事務所メンバーでゴルフ?
事務所からアクアラインで1時間ちょっと、千葉のゴルフ場へ。

ゴルフはしない(出来ない、縁がない、車に乗らない・・・笑)HAN事務所ですが、緑豊かな隣接住宅地の敷地調査。

ゴルフ場内をminamiさん運転でカート移動。
気候も良く、丁寧に刈り込まれた芝の緑がとても心地よかったです。

敷地調査+グラブハウスでの作業+即興プレゼンテーションを終え、疲れましたが、新鮮で充実した1日でした。
tomita
d0056527_2351321.jpg

d0056527_2353481.jpg

d0056527_02010050.jpg


[PR]

by han-arc | 2016-06-01 20:37 | プロジェクト