<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 25日
夕方の風景
夏と秋のまん中は、そわそわするような、しみじみするような、なんとも不思議な感じがします。
竣工したての『風の杜』(山王エコヴィレッジ)も 季節の途中の様相です。
d0056527_026390.jpg

d0056527_0295611.jpg

byふく
[PR]

by han-arc | 2006-09-25 00:32 | 風の杜
2006年 09月 24日
庭の様子
明治時代から受け継がれた庭にモミジなど繊細な落葉樹が入り、赤松や椎など既存の常緑樹も剪定され、随分繊細な印象になりました。
写真↓は庭からの風景。
by suzu
d0056527_1431382.jpg

[PR]

by han-arc | 2006-09-24 01:46 | 風の杜
2006年 09月 21日
机完成
風の杜101号室の机が完成しました!脚がなかなかかわいい。
けれども、椅子がない・・・。
by suzu
d0056527_047025.jpg

[PR]

by han-arc | 2006-09-21 00:47 | 風の杜
2006年 09月 20日
北側の植栽
風の杜の北側アプローチや北庭に樹が植えられました。
思っていた以上のボリュームで嬉しいです!
写真↓は屋上から3階の庭を見下ろしたもの。
基幹植栽はツゲの樹です。金カゴのプランターはそのうちテイカカズラで覆われる予定です。
by suzu
d0056527_037120.jpg

[PR]

by han-arc | 2006-09-20 23:45 | 風の杜
2006年 09月 18日
机の脚
朝から風の杜101号室へ。
今日の成果は机の脚6台。
2x4材と専用の金物を使って製作、そして白く塗装。
この金物は使えます。2個(1台分)で600円。強度も十分です。
塗装も含めて材料代が1万円以下で済みました。by suzu
d0056527_812945.jpg

[PR]

by han-arc | 2006-09-18 23:45 | 風の杜
2006年 09月 17日
心地よさをつくる工夫
雑誌の取材で調布の家に行きました。
この家は竣工して1年ちょっと。ちょくちょくと顔を出していますが、いつ行ってもゆったりと心地がよいのです。小学生のお子さんがいつも家の中を走り回って遊んでいます。近所の友達もなかなか帰りたがらないとのこと。子供にとっても心地の良い家であることは嬉しいです。

そして、今夏のエアコン利用は2回!
お客さんが来た時と、雨天ですごく蒸した時につけたそうです。

この住宅ではできる限り自然の力を利用して、夏も冬も如何に快適に過ごせるかをテーマに色々な工夫をしましたが、その一部を紹介します。

写真↓は2階のキッチンから撮ったもの。
奥は階段と吹抜けがあります。その上部にあるのが排熱用の窓。
うちの事務所ではたいていの住宅で取り入れていますが、これは本当に効きます。
どんなに蒸し暑い時でも、この窓をあけるとスウーっと室内気候が変わります。
この時に重要なのが空気の取り入れ口。北側や木陰の下の地窓など、一番冷たい空気が溜まっている場所に小窓をあけておきます。

そして奥の右側にある縦に伸びた黒い筒が、半地下の収納と吹抜上部を結ぶエアーダクト。
このダクトの中に、夏と冬に逆回転ができるファンを仕組んであります。
夏は半地下(RC)の冷たい空気を吹抜け上部に、冬は吹抜け上部の暖まった空気を半地下に運びます。2階建て以上の住宅だと、たいていシーリングファン(天井についている扇風機)かエアダクトを使うようにしていますが、これも非常に効果が大きいです。
前述の排熱窓と組み合わせればより効果的!エアコンの利用頻度は確実に減ります。

正面の壁は一面珪藻土、フローリングは杉の無垢材、柱梁や化粧垂木など構造材は露出しています。そのせいか、いつ来ても湿度が快適な状態なのです。素材の調湿性の効果を実感します。
d0056527_6432938.jpg

写真↓は吹抜けのある玄関。右側の壁は蓄熱壁です。表裏に厚いタイルが貼ってあります。冬は太陽の光があたり、陽がしずんでもほんわか暖かく、夏は(太陽高度が高いので光は全くあたらないので)一日中ひんやりしています。
d0056527_6543381.jpg

長くなってしまいました・・・。まだまだあるのですがまたの機会に!
by suzu
[PR]

by han-arc | 2006-09-17 23:29
2006年 09月 16日
シェアオフィス
本日より「風の杜」(山王エコヴィレッジ)101号室をシェアオフィスとして借りました。
HANスタッフを含め友人5名がそれぞれ、設計や創作活動の場として活用します。
(注:HAN事務所が移るわけではありません。)
2年と数ヶ月の間、設計者としてかかわった建物に、こうして入居者として引き続きつながっていけることを幸せに感じています。

今日は、横浜の地ビール「ピアノ」を持って挨拶回り。
このビールのラベルはシェアメンバーの一人アトリエコンペイトウのFさんがデザインしています。麦の穂をピアノの鍵盤に見立てた素敵なデザインです!
d0056527_2523483.jpg

101号室の広さは45㎡とロフトが7.5㎡。
引越しの成果はというと・・・、机の天板の杉板を並べただけ・・・。
d0056527_230359.jpg

しかし幅1m、長さ6mの天板は迫力ありました!脚はこれからD・I・Yです。
まあゆっくりと、はたらく場であり、くつろぐ場であり、もてなす場でもある、そんな空間をつくっていきたいと思っています。
by suzu
[PR]

by han-arc | 2006-09-16 23:53 | 風の杜
2006年 09月 14日
小泉道具店
国立にある小泉道具店に椅子を買いに行きました。

国立駅から小泉道具店まで、大学通りを徒歩で20分弱。
この道が素晴らしくよかった。緑豊かで、とても成熟した雰囲気です。
こういう空間が日常の動線の中にあると気持ちがシャンとするだろうな。
道を歩くだけで、すっかり癒されました。
d0056527_112512.jpg

小泉道具店の一角にはデザイナーであり建築家でもある小泉誠さんの事務所があります。
柔らかくて、くだけていているんだけど、すごく洗練されていて・・・、うまく言えませんが、
とにかく心地よい空間です。

買う椅子は決めていたのですが、実際の座り心地を確認。
土曜日には手元に欲しいと考えていましたが、甘かった・・・。
受注生産でした。まあ、樹の種類は5種類。座面と背もたれの布も15種類以上から選ぶことができるので、よく考えれば当たり前か。納期は11月・・・。うーん。
買った椅子はデスク仕事と読書用です。→ku-ku
他にオススメは、読書用にはzag
この椅子は写真ではあまり惹かれませんでしたが、実際見て座ると好きになりました。
ダイニング用にはR+R chair
この椅子はとても洗練されたデザインです。使えば使うほど魅力を増していくと思います。

他にも小物をひとつGET。神代ニレ+タガヤの木箱
名刺入れに使います。これから一生付き合うと考えると嬉しいですねえ。

他にも欲しいものが沢山。自分では買えないので施主に勧めようかな。
by suzu
[PR]

by han-arc | 2006-09-14 23:55 | 日常のこと
2006年 09月 12日
床塗りイベント
 先週末は、土日,両日とも建て主と一緒に床塗り大会。
土曜日は、山王の1住戸のクルインフローリングをクリア仕上げで
日曜日は、[中野区S邸]のカバフローリングを白の拭き取り塗装で仕上げました。
真夏なような天候とスケジュールが重なりかなり疲れましたが、楽しいイベントでした。
d0056527_20284071.jpg


[中野区S邸]
ようやく足場が外れました。(2階建ての多い周囲に対して、)ボリュームが大きすぎないかとちょっと心配でしたが、想像よりコンパクトにまとまり良い感じでした。
2週間後の引渡を目指して、外構、仕上げ工事に入っています。
d0056527_20292420.jpg

by matu
[PR]

by han-arc | 2006-09-12 20:48 | 現場レポート
2006年 09月 08日
南側ファサード
↓「風の杜」の屋上から撮影した南側ファサード。
下に見えるのは、1階部分のパーゴラです。
YKKAPのエスパリアという立体金物を使っています。これにつたを這わせる予定。
2、3階部分にはエキスパンドメタルでつくった防犯と通風を兼ねた格子戸があります。手摺との間はプランター置場となっていて、手摺から格子戸の上レールまで緑化用のワイヤーが張れるようになっています。
数年後の夏に緑に覆われた姿を見るのが楽しみです。
by suzu
d0056527_705974.jpg

[PR]

by han-arc | 2006-09-08 05:50 | 風の杜