<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年 11月 19日
「甲府の家」近況
「甲府の家」がだいぶ完成に近づいてきました。
年末には、竣工の予定です。
 先日、現場にいったら、塗装工事の職人さんが4人がかりで内部の壁と天井の塗装工事を進めていました。
 現場監督によると日本一の塗装職人を抱える塗装店とのことですが、(塗装のコンテストで日本一になったとか、ならないとか。そうえいば、監督は、板金工事についても関東一の職人といっていたような気が・・・)
関東一、日本一かどうかは、真偽の程は確認していませんが、仕事は丁寧で好感がもて仕上がりが楽しみです。塗装が終わると、家具、建具の取付に入り、建物は完成します。
残るは外構工事で、今回は外構の最終確認の打合せをクライアントとしてきました。

 
d0056527_21102020.jpg


 左側の写真は「リゾナーレ小渕沢」に最近出来た「クライン・ダイサム」の披露宴会場の建物で、現場の帰りにクライアントと見てきました。ピカピカの外装が緑地に映え、面白い感じでした。確か今発売中の「CASA BRUTUS」にも載っています。
 現在設計中の住宅では、天井に金属板を貼り、光を反射させる計画をしていますが、住宅の外装には難しいかな?                  by matu
[PR]

by han-arc | 2005-11-19 21:45 | 現場レポート
2005年 11月 09日
「森の里親」モニター
週末、東京電力(環境部)が企画している「森の里親」モニターというプログラムに参加しました。

多摩川源流の森から広葉樹の種子を採取し、苗木を育て、多摩川源流の森(山梨県小菅村)とその流域の街(山王エコヴィレッジ)に植えることで、両者の環境をつなげて考える機会を持とうという企画です。
自分の周囲の環境を考えるのと同様に、その根源となる水が生まれてくる森林の環境がとても大切だということ、そしてその森林が様々な深刻な問題を抱えていることなど考えさせられました。

 まず、小菅村の神社にそびえる何本もの巨木を見ました。樹齢250年、大人4人でも手を回せないほどの巨木。ちなみに、幹廻りが3m以上が巨木、5m以上になると巨樹と呼ばれるそうです。
 次に、杉と桧の人工林に入り、森の手入れがいかに重要か、そのためには村の林業活性化や過疎の解決が必要なことが分りました。
 最後に、講師の方々に指導していただき、種子を拾いながら山道を散策しました。家に帰ってから、早速ポットに種を植えました。黒い実の「ダンコウバイ(壇香梅)」を植えました。芽が出てくるのを楽しみにしています。

d0056527_20472657.jpg


余談ですが、子供のころ読んだ絵本に、「大きな木がほしい」佐藤さとる(著)というのがありました。主人公の少年が庭の巨木に秘密基地や展望台をつくる夢を見るという、今でも本屋の絵本コーナーに置いてある有名な絵本です。夢からさめた少年が、種を植えてジョーロで水をあげている場面を思い出しました。 

d0056527_20523780.jpg


byふく
[PR]

by han-arc | 2005-11-09 20:56 | 風の杜
2005年 11月 09日
こしあぶら
建設中の下北沢の住宅では「こしあぶら」を植えることになった。
施主による選定理由は「天ぷらにすると旨いらしいから」である。いい理由だ。
しかし、書籍やインターネットで調べても山菜としての情報はあるが、樹木としての情報があまりない。移植に強いのか?日射遮蔽には有効か?虫はつくのか?など詳しい情報を得られないし、実際自分は見たことさえなかった。

日曜日、山王プロジェクトの一環で多摩川の源流域にある小菅村へ訪れたが、そこでこしあぶらを発見!葉っぱが非常に薄く、紅葉して薄黄緑色の凛々しい佇まいを見せていた。
この日見た多くの葉っぱの中で一番好きだと感じた程きれいだった。
同行して下さった東京農大の先生も紅葉がきれいだし、庭木にもいいのではとおっしゃってくれた。岐阜や長野では手に入るようだ。

「凛々しい佇まいで天ぷらにすると美味い」なんて!植えるのが楽しみになってきた。
うまく育った暁には、天ぷらをご馳走して頂けることを期待しよう。
ちなみに天麩羅にするのは新芽です!

どなたか、何かしらコシアブラ情報をお持ちの方は教えて下さいませ。
by suzu
d0056527_020136.jpg






[PR]

by han-arc | 2005-11-09 00:25 | 樹木