カテゴリ:日常のこと( 13 )

2015年 01月 06日
本年もよろしくお願いいたします
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

初日は、事務所から歩いて7分ほどの豪徳寺へみんなで初詣、「仕事」と「健康」を祈願してきました。
今年は、「行動力 」を大切に頑張ります!
d0056527_946261.jpg

奉納された招きねこ
d0056527_9462747.jpg

-minami-
[PR]

by han-arc | 2015-01-06 22:28 | 日常のこと
2013年 01月 01日
年賀
d0056527_1436429.jpg

[PR]

by han-arc | 2013-01-01 00:00 | 日常のこと
2012年 01月 01日
謹んで新春のお慶び申し上げます
d0056527_1410466.jpg

今年9年目を迎える「欅ハウス」緑に囲まれた豊かな空間になりました。
[PR]

by han-arc | 2012-01-01 00:00 | 日常のこと
2011年 12月 29日
忘年会
HANのメンバーで忘年会。
お店は、都立大学駅から歩いて1分のワインバー「マルカン(marucan)」!!
お店の内装も照明の具合もちょうど良い感じ。
絶妙なカーブを描いたカウンターも4~5人程度でワイワイするのにちょうど良い!!

d0056527_1946229.jpg

飲み物だけでなく、料理もとても美味しい!!
素材を生かした調理で、食べるとおもわず笑顔に、幸せな感じになります、、、。
d0056527_19494125.jpg
d0056527_19502424.jpg

お近くに行くときは是非、オススメです!!





来年も宜しくお願い致します。
d0056527_195049100.jpg
[PR]

by han-arc | 2011-12-29 20:59 | 日常のこと
2011年 12月 26日
クリスマスの約束
仕事が終わり、家に帰りTVをつけると、
毎年恒例の小田和正の「クリスマスの約束2011」が流れてきました。
この番組を見ると、、、
今年も、もう終わりかと今年1年を振り返る。

さて、何気なく観ていると小田さんを中心にアーティスト42人による
メドレーが始まりました。
最近の曲から、懐かし曲まで本人が歌います。
かなり長い時間の大メドレーでしたが、会場とアーティスト42人の一体感に
思わず感動してしまいました。
「よし、明日からもっと頑張ろうと、、、!!」


私達が出来る事は、、、

家に住む人が、
元気になるような、、、
エネルギーが湧いてくるような、、、
音楽に負けないような家を設計すること。


そういえば、小田和正さんは、早稲田の建築学科卒業。
建築家の小田和正さんもみてみたかったですね、、、。
[PR]

by han-arc | 2011-12-26 02:10 | 日常のこと
2011年 05月 30日
アトリエ
ブログアップが遅くなりましたが、、、
アトリエの床を張ったときの記録です。



ミーティングスペースに岡部材木店さんの床張り。
(仲間3人と仲間の奥様、計4人での作業)


1 近所のホームセンターで材料を購入し搬入(10時〜12時)

休憩(1時間)

2 床に位置だし、根太を固定。
  賃貸なので、根太をガムテープで固定します(13時〜15時30分)

d0127136_245433.jpg

d0127136_253660.jpg

(キレイにガムテープが貼ってあります(ガムテープ工法?)見えなくなる場所にも手を抜きません!)


3 発注していた岡部材木店の床材が届く。
  (湿気を吸収しないようにラッピングしてあります)

d0127136_275552.jpg


休憩(30分)


4 3種類の材種(杉、さわら、桧)3種類の巾(4寸 5 寸 6寸)の床材を使用します。
  板を壁に並べて、色や表情を確認し張る順番を決める。
  (この作業に時間がかかる、、、) (16〜16時30分)

d0127136_284795.jpg

d0127136_292897.jpg


5 板張り作業開始(16時30〜22時30分)
  ひたすら、材を切って張っての繰り返しです、、、。
  (この間に、1階の大家さん(とんかつ屋さん「国一」)にとんかつを御馳走になりました)

d0127136_2102193.jpg

d0127136_212782.jpg

床をフロアー用の専用ビスで固定

d0127136_2124627.jpg

d0127136_2141455.jpg

(杉、さわら、桧、いい表情しています!)

d0127136_2144893.jpg

入り口はコンクリート平板




終了予定時間をかなりオーバーしましたが、一日で作業が終わりホッとしました、、、。
時間をかけてみんなで材の並びを決めた甲斐があり、気持ちのいい床が出来ました。
みなさん、お疲れさまです。
[PR]

by han-arc | 2011-05-30 22:48 | 日常のこと
2007年 05月 14日
距離がないこと
週末に東京の奥のほう、あきる野市にある竹林ショップへ訪れました。
竹林ショップは真木千秋さん主宰マキテキスタイルスタジオのすぐそばに、昨秋オープンしたお店です。敷地に足を踏み入れた瞬間から、身体の疲れがスーっと抜け、とても居心地がよかったです。
↓敷地の入口を見た写真。右側の古い建物が工房です。
d0056527_20184959.jpg
お店には、ため息の出るような奥深く綺麗な色の織物が並び、いちいち感動してしまいました。真木さん自身にいろいろお話を聞くこともでき、つくられたもの(うーん、どうしても商品とは言いたくない)をより深く理解することが出来ました。その場所と、そこにいる人と、つくられたものの間に距離がないこと、そのことを強く感じつつストールを1枚購入。これからの長い長い付き合いを想いながら、ものを買うことができたのが心から嬉しかったです。こういうのが大事ですね。
ショップの隣にある竹林カフェでランチを頂きましたが、こちらも同じく距離がない。とても美味しく楽しい食事でした。
心地よくて結局4時間近く滞在してしまいました。
すぐそばに川もあるし、1日かけてゆっくり過ごすのがオススメです!


5/8日~27日まで六本木のル・ベインギャラリーで真木千秋さんも含め12人の作家さんの作品を見ることができますので、お暇があれば是非!
by suzu
[PR]

by han-arc | 2007-05-14 20:28 | 日常のこと
2006年 09月 14日
小泉道具店
国立にある小泉道具店に椅子を買いに行きました。

国立駅から小泉道具店まで、大学通りを徒歩で20分弱。
この道が素晴らしくよかった。緑豊かで、とても成熟した雰囲気です。
こういう空間が日常の動線の中にあると気持ちがシャンとするだろうな。
道を歩くだけで、すっかり癒されました。
d0056527_112512.jpg

小泉道具店の一角にはデザイナーであり建築家でもある小泉誠さんの事務所があります。
柔らかくて、くだけていているんだけど、すごく洗練されていて・・・、うまく言えませんが、
とにかく心地よい空間です。

買う椅子は決めていたのですが、実際の座り心地を確認。
土曜日には手元に欲しいと考えていましたが、甘かった・・・。
受注生産でした。まあ、樹の種類は5種類。座面と背もたれの布も15種類以上から選ぶことができるので、よく考えれば当たり前か。納期は11月・・・。うーん。
買った椅子はデスク仕事と読書用です。→ku-ku
他にオススメは、読書用にはzag
この椅子は写真ではあまり惹かれませんでしたが、実際見て座ると好きになりました。
ダイニング用にはR+R chair
この椅子はとても洗練されたデザインです。使えば使うほど魅力を増していくと思います。

他にも小物をひとつGET。神代ニレ+タガヤの木箱
名刺入れに使います。これから一生付き合うと考えると嬉しいですねえ。

他にも欲しいものが沢山。自分では買えないので施主に勧めようかな。
by suzu
[PR]

by han-arc | 2006-09-14 23:55 | 日常のこと
2006年 05月 06日
筍(たけのこ)
筍を掘って料理して食べました。
筍を採るのは子供の頃以来。その頃はどちらかというと嫌いな食べ物でした。でも、土を掘り筍を折り収穫するという行為には夢中になった記憶があります。

そして、大人になった今、、、前にもまして、、、夢中になってしまいました・・・。いやー、面白いですね、いろいろと。

まず、美味しく食べるということを前提に採るのですから若くて柔らかい竹の子を探そうとするわけです。必死に。土から頭を出しているものは既に大きくなりすぎている場合が多いので、落ち葉や土を少し掻き分けながら芽を見つけ出します。しかし、掘っていくと意外に大きくてなかなか掘り出せなかったりもします。でも、だんだんコツをつかみ頭の部分を握ると、全体がどんな形か分かるようになってきたり。で、若い竹の子は見つけるのは多少難しいけど掘り出すのはたやすいから、じっくり探して、サクッと採るのがコツかと思い至りました。
d0056527_059073.jpg

そして、土の匂いがなんとも心地よい!子供の頃より土に接する機会が少ないので、たまに山で大量の落ち葉に覆われた土の匂いをかぐと幸福感に満たされます。

そしてその竹林に思いを馳せます。
竹林はちゃんと間伐してあげないとすぐに鬱蒼としてきます。昔は見通しの利く気持ちよい竹林だったのに、今は薄暗い竹薮になってしまったという話はよく聞きます。竹林を間伐したい人(周辺住民)や竹が欲しい人(利用したい人)は沢山いるのだけれど、土地の所有者が間伐もしないし、竹の子も取らせないというような場所は多々あります。でも、上手くいけば、誰もが得する関係が生まれます。美しい景観形成と資源の有効利用を両立させる昔ながらの里山の循環系。そんなよい状態を想像すると楽しいし頭がクリアになります。全てが上手く解けているからでしょう。

そしてそして、筍尽くし(8品も!)の食卓。(なぜか皆料理が上手い。)
d0056527_0594132.jpg

子供の頃も面白かったけれど、楽しみ方の幅が広がった今はより面白かったです、筍採り。これに、おばーちゃんの知恵なんかが加わったら更に面白いんだろうな・・・。
by suzu
[PR]

by han-arc | 2006-05-06 22:49 | 日常のこと
2006年 04月 19日
非日常感
日曜日、生田からあざみ野への道すがら美しが丘という名前の町で見つけた樹木。
何の樹だろ?淡い色の葉っぱと花に心惹かれました。
こういう名前の町はいかにもな感じがしますが、確かに、とても美しい野山の風景でした。(風景写真は撮り忘れました・・・。)住宅街を抜けたところに、唐突と思えるほど不思議にきれいな景色。ちょっとした非日常感を味わいました。旅をしているとき、思いがけず息を呑むような景色に出会い一瞬放心して止まってしまうあの感覚!自転車で知らない道を合計2時間近く走りましたが、春はどこを走っても楽しいですね。(徹夜で意識が朦朧としていましたが、それでもいい気分でした。) by suzu
d0056527_22581869.jpg

[PR]

by han-arc | 2006-04-19 22:59 | 日常のこと