カテゴリ:長野の家( 17 )

2016年 11月 27日
インテリア雑誌「I,m home」掲載
商店建築社発行のインテリア雑誌「I,m home/アイムホーム」 2017年1月号(11/16発売)に昨年竣工した「長野の家」についての記事が掲載されました。

ハイセンスなインテリア雑誌ですが、毎回紙面後半に比較的硬派?なページもあります。
今回は「HEAT CONTROL DESIGN / 夏暑い家、冬寒い家 〜遅れた日本の断熱事情〜」という特集。
「長野の家」の夏冬を快適に暮らすポイントや夜間換気の効果を検証した実測データなどが写真と共に紹介されています。(P150〜153の4ページ程)。

夏場 、冷熱源である夜間の外気を熱容量(熱を蓄える力)の大きな基礎コンクリートなどにたっぷりと蓄えることが出来れば、暑い日中にエアコンを使わずとも室内でひんやり快適に暮らせます。
※ちなみにコンクリートは空気の1500倍、熱を貯めることが出来る!
そんな夜間換気+夜間蓄冷の効果を大きく実感した実測でした。

ご興味があれば是非ご一読下さい。

「長野の家」の過去のブログはこちら↓
http://hanarc.exblog.jp/i29/

by tomita
d0056527_22505784.jpg

d0056527_22281665.jpg

[PR]

by han-arc | 2016-11-27 23:35 | 長野の家
2015年 12月 20日
嬉しい贈り物
「長野の家」の建主さんから家づくりを記録したフォトブックを頂きました。
古屋解体、着工から、竣工、引越しまでの様子を145ページにも渡り、写真と丁寧な文章でまとめて下さいました。

家具購入や引越しなどの裏舞台も臨場感と共に伝わりとても新鮮です。

また、ご一緒に苦労し、楽しんだ当時の記憶がよみがえり、設計者としては何より嬉しい贈り物かもしれません。

Nさま、本当にありがとうございました!
by tomita

「長野の家」のブログ記事はこちら↓
http://hanarc.exblog.jp/i29/

f0018825_982991.jpg

f0018825_984714.jpg

f0018825_9991.jpg

f0018825_992535.jpg

f0018825_994483.jpg

[PR]

by han-arc | 2015-12-20 09:38 | 長野の家
2015年 11月 19日
日本エコハウス大賞公開プレゼン
ジャパンホームショーにて、日本エコハウス大賞公開プレゼンが行われました。


結果は、惜しくも大賞を逃してしまいましたが、審査員の松尾さん、伊礼さん、前さん、西方さんから直接感想を伺うことができ大変参考になりました。

温熱環境とデザインのバランスは奥が深いことを改めて実感しました、、、

d0056527_22344791.jpg

-minami-

[PR]

by han-arc | 2015-11-19 22:17 | 長野の家
2015年 11月 17日
パッシブデザインコンペ
6月に竣工した「長野の家」が、
「パッシブデザインコンペ2015」において、『大賞』に選ばれました!

応募タイトルは
『アクティブに暮らす、パッシブデザインの家』

「パッシブデザインコンペ2015」のHPです↓
http://www.passive-design.jp/competition/
各審査員の先生方から審査講評を頂いております。

プレゼンテーション内容も閲覧及びダウンロードすることが出来るみたいです。
よろしければ是非御覧ください。

同時に、
昨年竣工した「森林公園の家」も佳作に選出されました!

事務所では長年、パッシブデザインの設計を積み重ねて来ましたので、2つも賞を頂き、大変光栄です。
家づくりをご一緒して頂いた関係者皆さまに感謝申し上げます。

取り急ぎのご報告まで。
tomita

■「長野の家」のブログ記事はこちら↓
http://hanarc.exblog.jp/i29/

■「森林公園の家」のブログ記事はこちら↓
http://hanarc.exblog.jp/i21/

■ホームページにもそれぞれの竣工写真が掲載されています↓
http://www.han-arc.com/

d0056527_0483043.jpg

[PR]

by han-arc | 2015-11-17 00:17 | 長野の家
2015年 10月 27日
日本エコハウス大賞
6月に竣工した「長野の家」が「日本エコハウス大賞2015」で優秀賞4選に選ばれました。
http://builders-ecohouse.jp/

11/19(木)に大賞を決める公開審査及び表彰式が行われる予定です。

これまで地道に続けてきた、
自然の豊かさを身近に感じながら快適に暮らす「パッシブデザインの家づくり」
を評価して頂けたこと、大変嬉しいです。

家づくりをご一緒して頂いた関係者皆さまに感謝申し上げます。

「長野の家」のブログ記事はこちら、
http://hanarc.exblog.jp/i29/

ホームページにも竣工写真が掲載されています。
http://www.han-arc.com/

tomita
d0056527_0175766.jpg

[PR]

by han-arc | 2015-10-27 20:00 | 長野の家
2015年 07月 09日
「長野の家」竣工写真
いくつかアップします。
写真家は吉田誠さん。
tomita
d0056527_16491484.jpg

d0056527_16494880.jpg

d0056527_1650527.jpg

d0056527_16502734.jpg

d0056527_16511836.jpg

d0056527_16513871.jpg

d0056527_1652551.jpg

d0056527_16522753.jpg

d0056527_16524495.jpg

d0056527_1653658.jpg

d0056527_16532853.jpg

d0056527_16534820.jpg

d0056527_1654976.jpg

d0056527_16542637.jpg

d0056527_16544014.jpg

[PR]

by han-arc | 2015-07-09 17:21 | 長野の家
2015年 06月 13日
「長野の家」オープンハウスのご案内
■日時:平成27年 6/20(土)・6/21(日) 10時〜16時
d0056527_5511669.jpg

d0056527_554104.jpg

この度、「長野の家」が竣工し、建て主さまの御好意により住まいづくりにご興味のある方を対象にオープンハウスを行う運びとなりました。

建物は木造2階建て、シンプルな大屋根の下に各フロアがスキップフロアで緩やかにつながる構成です。これからご夫婦と二人のお子さんの暮らしが始まります。

寒冷地長野において「庭やテラスなど屋外空間を積極的に楽しめる空間づくり」と「冬暖かく、夏涼しいすまいの骨格づくり」の両立を目指しました。

木製格子に囲まれた2階のデッキテラスは暮らしを外に開く為の様々な機能を備えると共に、室内外の回遊動線を生み、おおらかで伸びやかな暮らしを支えます。

また、日射遮蔽や日射取得、通風、排熱、蓄熱などの自然の恵みを活かす『パッシブデザイン』の工夫を多く取り入れ、高効率な基礎蓄熱式床暖房と組み合わせることで、非常にローコストかつ快適な温熱環境を実現しています。

造園デザイナーとの恊働による庭もご覧頂けます。ぜひお越し下さり、ゆっくりとご体験頂ければ幸いです。

HAN環境・建築設計事務所  冨田・松田・南澤

「長野の家」これまでのブログ記事です↓。
http://hanarc.exblog.jp/i29

■情報
場所:長野県長野市石渡
お願い:お越し方は事前にメール又は電話にてご連絡下さい。案内図を送らせて頂きます。
    現地にて駐車場の案内・送迎をいたします。
    お手洗いはご利用できません
連絡先:HAN環境・建築設計事務所
    tel / 03-5799-4285
    メールはこちらから
当日連絡先:080-3422-9070(冨田)

■建物概要
名称   :長野の家
構造規模 :RCベタ基礎・木造2階建て
敷地面積 :217.77m2
建築面積 : 81.89m2
延床面積 :110.32m2
設計   :HAN環境・建築設計事務所
施工   :株式会社 鹿熊組
床暖房工事:株式会社 ウェル
造園工事 :エービーデザイン株式会社
[PR]

by han-arc | 2015-06-13 06:00 | 長野の家
2015年 06月 03日
木製ルーバーの検討
「長野の家」では2階のデッキテラス南側全面に木製ルーバーを設置します。
このルーバーには様々な役割があり、検討する内容も多岐に渡ります。
例えば、
・南側隣家の窓からの目隠し
・室内からの視界をコントロール(抜けた感じと囲まれて部屋が広がった感じのバランス)
・夏の日射遮蔽(室内だけでなくデッキテラス自体に日差しを入れない)
・冬の日射取得(太陽高度の低い冬の日差しは室内までしっかり取り込む)
・洗濯物の目隠し(と陽当りの両立)などなど
また、
・メンテナンス性(塗装、交換など)
・強度、手摺としての安全性
そして、
建物のデザインの要として。

相反する部分も多い様々な条件の中ですが、ここ長野では冬の日差しをしっかり取り入れることを優先事項と決め、木製ルーバーのサイズや間隔を検討しました。

その結果、
木製ルーバーの奥行きは短く、間隔は広めに。
ただし、目隠しが必要な部分には間に1本追加する
という方針に。

現場に実物サイズの試作をつくって頂き、関係者みんなで最終確認。
監督さんご苦労様でした。
tomita
d0056527_10265132.jpg

d0056527_1027722.jpg

[PR]

by han-arc | 2015-06-03 09:49 | 長野の家
2015年 05月 19日
足場が取れました
「長野の家」、これから外構工事が始まります。
造園デザイン、工事はエービーデザインの正木さんに依頼。
建物の中だけでなく、デッキや庭、周辺敷地も含め建物の外側から快適な室内温熱環境を創ることを目指す私達の設計を支えてくれるガーデンデザイナーです。
tomita
d0056527_11121873.jpg

d0056527_11145568.jpg

[PR]

by han-arc | 2015-05-19 10:39 | 長野の家
2015年 05月 19日
通気スリットの間接照明
「長野の家」では、コンクリート基礎全面に温水を流し蓄熱させる輻射床暖房を採用しています。
階段の1段目には床暖房用の通気スリットを兼ねた間接照明を設置してみましたが、
横並びの小さな丸穴から漏れる光がとても綺麗でした。
人感センサーとしていて夜は通る度に足元をほのかに照らしてくれます。
tomita
d0056527_1381779.jpg

[PR]

by han-arc | 2015-05-19 01:15 | 長野の家