2017年 02月 03日
ALC床パネル
「梅丘PROJECT」では、各階床を界床とし、また重量床衝撃音や、遮音性を高めるため、36ミリの
ALC(軽量気泡コンクリート)の床パネルを構造床の構造用合板24ミリの上に施工しています。
その上は、構造用合板を捨て貼りし、遮音シートを貼った上で仕上げのフローリング貼となります。
歩いてみると貼る前に比べて、階下への伝搬音がだいぶ減少したように感じられます。
d0056527_22384597.jpg
d0056527_2238107.jpg

by ma2da
[PR]

by han-arc | 2017-02-03 22:43 | 「梅丘PROJECT」


<< 蓄熱型床暖房      全国賃貸住宅新聞 >>