2016年 06月 09日
ピーコンフック
 「元代々木Flat」に使用するため、コンクリート打放し壁用のピーコンフックをクライアントと共同で製作しました。
 素材は、アルミ、樹脂等でも試作品を作製しましたが、最終的には、ステンレスの削りだし品となりました。一番ハイコストでしたが、他の素材との金額差が思ったより小さかったので、質感を優先して選定しました。サイズは、長いもの、短いものと2種類作成してみました。

d0056527_2012445.jpg

d0056527_2013214.jpg

d0056527_20152995.jpg
d0056527_20122595.jpg


ma2da
[PR]

by han-arc | 2016-06-09 20:17 | プロダクトデザイン


<< 10年目の風の杜      館名板の設置 >>