2005年 11月 19日
「甲府の家」近況
「甲府の家」がだいぶ完成に近づいてきました。
年末には、竣工の予定です。
 先日、現場にいったら、塗装工事の職人さんが4人がかりで内部の壁と天井の塗装工事を進めていました。
 現場監督によると日本一の塗装職人を抱える塗装店とのことですが、(塗装のコンテストで日本一になったとか、ならないとか。そうえいば、監督は、板金工事についても関東一の職人といっていたような気が・・・)
関東一、日本一かどうかは、真偽の程は確認していませんが、仕事は丁寧で好感がもて仕上がりが楽しみです。塗装が終わると、家具、建具の取付に入り、建物は完成します。
残るは外構工事で、今回は外構の最終確認の打合せをクライアントとしてきました。

 
d0056527_21102020.jpg


 左側の写真は「リゾナーレ小渕沢」に最近出来た「クライン・ダイサム」の披露宴会場の建物で、現場の帰りにクライアントと見てきました。ピカピカの外装が緑地に映え、面白い感じでした。確か今発売中の「CASA BRUTUS」にも載っています。
 現在設計中の住宅では、天井に金属板を貼り、光を反射させる計画をしていますが、住宅の外装には難しいかな?                  by matu
[PR]

by han-arc | 2005-11-19 21:45 | 現場レポート


<< 皆様今年1年お世話になりました。      「森の里親」モニター >>