2017年 11月 23日
『パッシブデザイン』について、最近考えていること
私たちは『パッシブデザイン』という考え方を通し、「人と家の快適と健康、その先にある暮らしの豊かさを創る」ことを目指して設計に取り組んでいます。
『パッシブデザイン』は太陽の光や熱、風、水といった「自然の恵みを最大限活かす」設計手法ですが、突き詰めていけば「あるものを生かす」という考え方です。

前のブログ記事で「九十九里の家」の開口部に関して書きました。
開口部の設計は最も多くの条件がぶつかる難所です。どうやって方針を決定しているかというと、
「建まい手や家の快適と健康、豊かな暮らしの様子」を隅々まで想像しながら、頭に材料(条件)をまとめて放り込み、上手く組み合わせ、ぶつかる条件を整理、あれこれアイデアを出しながら解決していく、そんな感じ」としか言いようがありません・・・。文章力がないこともあり(涙)

開口部だけの話ではありませんが、「相反する、ぶつかる、矛盾する」様々な条件や状況をいかに、「現実的かつ魅力的に解決」していけるか。
いつもここに膨大なエネルギーを注いでいるように思いますし、ここを創造力を持って粘り強く考えることが何より大事だと常々実感します。

この時『パッシブデザイン』はとても大事な発想の軸となるし、有効なコミュニケーションツールになると確信しています。
「自然の恵みを活かし、人と家の快適と健康、暮らしの豊かさを創る」ことは立場は違っても、多くの人が共感し、また反対できるものではないからです。

そして、「現実的かつ魅力的な解決」を生むためには、『設計者』や『住まい手』、実際の『造り手』など関わる人達が
☆目指す家づくりや暮らしのイメージを共有し、
☆お互いに創造力を発揮できる体制や、状況をつくりながら、
☆それぞれの経験や知見を上手く組み合わせ、そして丁寧に積み重ねていく
そんな「あるものを最大限生かす」ことが本当に本当に重要だと、最近の仕事を通して強く感じています。

これから少しずつですが、多くの方の参考になると思った情報を発信、共有していきたいと考えています。
(冨田)

[PR]

# by han-arc | 2017-11-23 13:40 | パッシブデザイン
2017年 11月 23日
「九十九里の家」排熱フレーミング高窓
北側の部屋に腰高の引違いの掃出し窓を設置(3箇所)、室内側には格子棚や化粧格子を取付けました。
隣地の緑を魅力的な風景として活かしつつ、通風、排熱、夜間換気といったパッシブデザインの工夫もローコストで効果的に実現出来ました。
d0056527_08290156.jpg
LDKから続くワークスペース。引違いサッシの手前に格子飾棚がついている

d0056527_08282012.jpg
寝室からの風景。引違いサッシの手前に化粧格子がついている

■考えたこと
一応この窓の設計に際し考えたことも共有しておきます。
この窓は下記(☆印)に挙げた様々な条件、状況から生まれました。
☆敷地周辺環境
敷地周辺は別荘として使われている家も多く点在します。
敷地北側にも建物と大きな庭があり、緑がジャングルのようです。ただ、5年以上使われていないのか、荒れ放題な雰囲気・・・。
→サッシ内側に木製格子棚を造り、樹脂サッシの枠を隠すことにより、贅沢な緑の風景に!

☆パッシブデザインの基本(排熱、通風、夜間換気、夜間蓄熱などを効果的に組み合わせる)
今回の計画は南傾斜の緩やかな片流れ屋根の計画なので、暖まった空気は北側の天井付近に溜まっていきます。
夏にこの暑い空気を室内にとどめておくと、この熱が家の壁や天井などに蓄積、夜まで室温が下がらず大変!
しかし、窓が天井面ぎりぎりについていれば、熱い空気はそのまま排出出来ます。
他の効果も色々ありますが今回は割愛させて頂きます。

☆建主の思い
設計中、ご夫婦がたまたま訪れたホテルで、「格子の飾棚で切り取られた庭の風景」を目にし、「今回の計画でも採用できますか?」とご提案頂いた。

☆性能とコストバランス
規格サイズの引違い樹脂サッシを活用すると、比較的安価に大開口が出来ます。
今回の仕様↓
□YKKAP-APW330 掃出し引違いH=1.8m(今回1.5間と1間が2箇所)、 断熱LoW-Eアルゴンガス入、樹脂スペーサー仕様
※このシリーズだとクレセントの位置を下げる変更が出来ないので、使い勝手が課題!

☆断熱ブラインドとの組み合わせ
いくらサッシの性能が高いといえども、北側に大きな窓をとると冬の熱損出やコールドドラフトで「寒い」と感じやすい状況が生まれます。
そこでよく使うのが「ハニカムサーモスクリーン」。空気層が2重の構成で断熱性能が高く、デザイン的にも優れています。
※両サイドに断熱レール(空気の流れを止めるレール)を採用すると体感的にかなり効きますが、今回は比較的温暖地の為断熱レールはつけない方針としました。
 この判断はいつも迷うところですが、かなり詳しくなりすぎるのでいずれ別記事で書こうと思います。

☆地域気候
今回は比較的温暖な地域ですので、北側大開口に「樹脂サッシLoW-Eペアガラス」を採用しました。
もっと寒冷地となれば、北側の窓は性能の高いトリプルガラスにするか、窓の面積を小さくするなどの判断になったと思います。
そしてハニカムサーモスクリーンも「断熱レール仕様」にします。

上記(☆印)は主なものですが他にもいくつか・・・。
色々と挙げましたが、この中でこれが一番大事で次は・・・、というふうに決まっている訳ではありません。
まとまりもなく申し訳ありませんが、本当に色々なことの総合判断で決まります。

開口部に限らず、自分の試行錯誤や迷いを設計仲間や建主、つくり手の方たちと共有した時に、魅力的な解決策が「ポン」と出ることが多いです。
自分の考え、知見、経験を飛び越え、関係者各々のフィルターも通り、誰もがこれが最善!と思える解決策はとてもシンプルだったりします。

勝手に名付けた通称「排熱フレーミング高窓」もなんら特別なことをしている訳ではありませんが、今後とても重宝する方法だなと思っています。
このような解決案を多くの方と共有し、また丁寧に積み重ねていければと思う今日この頃です。
(冨田)


[PR]

# by han-arc | 2017-11-23 13:21 | 九十九里の家
2017年 11月 23日
「九十九里の家」木製大開口サッシ(3間の引違い)
「九十九里の家」ではLDK南面に木製サッシを採用しました。
なんと3間(5.46m)の引違いで、片側1.5間(2.73m)の大きさです。

木製サッシは断熱性能、気密性能が高く、デザイン的にも魅力的です。
しかし、コストはとても高い!です。
今回はこの一箇所のみ木製サッシ、その他は樹脂サッシです。

室内からのフレーミングされた景観、1.5間がそのまま開き、デッキへつながる開放感、合せて断熱性能と気密性能、室内外が一体的につながる生活のイメージなどなど。
色々考えると「お金をかける価値がある!」と建主と共に決断しました。

木製サッシ情報↓
「アルス株式会社-夢まど」 ※山形にある高気密高断熱木製サッシの研究開発最先端の会社の商品です。
・今回の仕様抜粋:断熱Low-Eペアガラス(日射取得率60%程度)、空気層16ミリ、アルゴンガス入り

(冨田)
d0056527_08290017.jpg
LDKの南面に採用しました

d0056527_08290346.jpg
木製サッシの外側は奥行き1.8mの軒とデッキテラス
d0056527_08285959.jpg






[PR]

# by han-arc | 2017-11-23 12:38 | 九十九里の家
2017年 11月 20日
「九十九里の家」オープンハウスのお知らせ

この度、「九十九里の家」が竣工し、建て主さまの御好意によりオープンハウスを行う運びとなりました。

■日時:2017年11月25日(土)10時〜17時

「九十九里の家」は東京オリンピックのサーフィン会場に程近い、千葉県長生郡一宮町の緑豊かな海岸地域に計画した新築住宅です。

明るく穏やかな土地の空気感を気に入られたご夫婦が土地購入を決意、新たな拠点としてこの場を選ばれました。

※敷地の様子 が分かる過去ブログ


d0056527_06130843.jpg
d0056527_06132900.jpg

緩やかな南下がりの片流れ屋根、東西に長い大らかな平屋の計画にパッシブデザインの仕組みを多く取り入れています。

↓主な特徴です ※温熱性能と機能性、デザインを組合せたポイントなど

□ガルバリウム鋼板の白い外壁:建主の思いに合せた海辺の爽やかな建物の雰囲気、低い熱吸収率による室内と庭の涼しい温熱環境を両立

□付加断熱工法壁/210ミリ、屋根/315ミリ(共に高性能グラスウール16K)基礎外断熱100ミリ(防蟻断熱材)の高断熱仕様

□合板気密工法(安価で施工性に優れた高気密高断熱の施工方法):気密層を構造柱の外側で、防湿層は構造柱の内側で分離して確保

□大開口引違い窓(3間幅):南面に片側1.5間の木製サッシ(アルス株式会社-夢マド)を設置。豊かな眺望と機能的開放的な動線、断熱気密性能を確保

□排熱フレーミング高窓H1.8mの掃出し用引違い樹脂サッシを勾配天井面に合せて腰高に設置

 十分な通風、排熱機能を確保しつつ、組み込まれた木製格子棚により北側の緑豊かな風景としてフレーミング

□床下エアコン暖房:壁掛けエアコンを床下に1台設置し、建物全体の暖房を低ランニングコストで賄う

□断熱ブラインドハニカムサーモスクリーンをほぼ全ての窓に設置。冬の断熱性能と夏の遮熱性能を確保

□きれいな軒樋と鎖樋:屋根水下の南側軒先にはガルバリウム製軒樋(HACO)と2本の鎖樋(ensui/タニタハウジングウェア)を計画

□盛土外構:根切り土を利用した盛土+植栽による外構計画。(植栽は来年3月)

□その他の工夫:天井排熱スリット、排熱用欄間建具、床下換気ファン、日除けハンガーパイプ(幅13.5m)などなど


是非お越し下さり、気持ち良い地域環境と心地良い建築空間をごゆっくりと体験して頂ければ幸いです。


■日時:2017年11月25日(土)10時〜17時

■場所:千葉県長生郡一宮町一宮350-120

■交通:JR外房線「上総一ノ宮」徒歩40分

※土日のバス運行なし

※タクシーの場合、7〜8分程度

■お願い:お越しの方は、メール又はHPのお問い合わせフォームへご連絡頂ければ案内図を送らせて頂きます。

※お車でのご来場も大丈夫です。

※お手洗いはご利用できません 。


■規模:在来木造1階建て

■延床面積:86.95m²+ガレージ34.78㎡

■設計監理:HAN環境・建築設計事務所

■施工:かしの木建設株式会社


■連絡先:HAN環境・建築設計事務所

e-mail/info@han-arc.com

tel / 03-5799-4285

(当日連絡先/冨田携帯:080-3422-9070)






[PR]

# by han-arc | 2017-11-20 06:19 | 九十九里の家
2017年 11月 17日
飯盛山ショートトレッキング
2週続けて実施した週末オープンハウスの合間を縫って、山梨県と長野県の県境にある飯盛山にトレッキングに行って来ました。
天気は快晴で、八ヶ岳、南アルプス、遠くの富士山と360度のパノラマ展望が望めました。
紅葉は、山頂付近では、既に終わっていて、アプローチでの小海線からの眺めと麓付近での最後に残った唐松の紅葉が見られる感じでした。

「飯盛山」
長野県南佐久郡南牧村にある山である。秩父山地の西端に位置する。標高1,643m。山梨県北杜市との県境に近い。
d0056527_08290727.jpg
○アプローチ途中での八ヶ岳の眺め
d0056527_08291661.jpg
○飯盛山と遠望の富士山
d0056527_08292985.jpg
○飯盛山山頂
d0056527_08294121.jpg
○山頂からの八ヶ岳の眺望
d0056527_08301288.jpg
○山頂からの南アルプスの眺望
d0056527_08302760.jpg
○唐松の紅葉
d0056527_08304029.jpg
○「北河原温」設計の小淵沢駅駅舎

ma2da





[PR]

# by han-arc | 2017-11-17 08:44 | 登山
2017年 11月 04日
「久地の家」の気密測定
「久地の家」の気密測定を行いました。
工事中の測定の場合、測定結果が思ったほど良くない場合ある程度補修ができますが、今回は引渡し後の一発勝負です。
外部とつながるCD管をしっかり塞げなかったり、、、と結果が心配でしたが「測定結果はC値0.42、総相当隙間面積45cm2」と実生活により近い測定でよい結果が出て一安心です。
d0056527_08433485.jpg

d0056527_08434209.jpg


[PR]

# by han-arc | 2017-11-04 09:44
2017年 11月 01日
「たまプラーザの家(2世帯住宅)」本体工事完了


今週末に内覧会を行う「たまプラーザの家(2世帯住宅)」本体工事がほぼ完了しました。
本日は、植栽と外構の打ち合わせで、現場に行きました。外構については、年内の完成を目指しています。
d0056527_16040567.jpg
□木製サッシの外側にガルバルム鋼板平葺きの防火戸が設置されました。
d0056527_16041824.jpg
d0056527_16051154.jpg
d0056527_16043888.jpg
□2階リビング空間は、高天井(天井高3.2m)。南北面で排熱の為のハイサイド窓を設けています。
 キッチンは、ステンレスのバイブレーションのアイランドキッチン(システムズヤジマ製作)のオーダーキッチンです。
d0056527_16045552.jpg
□1階のワークルームから庭の眺めです。
d0056527_16055096.jpg
□ダクトレスの熱交換型換気扇を3セット設置して快適な室内温熱環境を担保する計画としております。

ご興味ある方は、是非お越し下さい。お待ちしております。

ma2da










[PR]

# by han-arc | 2017-11-01 16:16 | 「たまプラーザの家」
2017年 10月 26日
「たまプラーザの家(2世帯住宅)」オープンハウスのお知らせ


この度、「たまプラーザの家(2世帯住宅)」が竣工し、建て主さまの御好意により住まいづくりにご興味のある方を対象にオープンハウスを行う運びとなりました。
「たまプラーザの家(2世帯住宅)」は、美しが丘の丘陵地の敷地に建つ2世帯住宅への立て替え計画です。
 1階をご両親の世帯、2階を子世帯とした上下分離型の2世帯住宅で、玄関は共通、水廻りは各々独立した計画となっています。
 敷地は、南北面共に広い道路に面し、冬季の日射取得が期待出来るので、広い採光面積がとれる様、東西面に長いパッシブデザインの基本に忠実なプランを提案しています。
 日射取得や遮蔽のためのバッファーゾンとしてのバルコニーデッキ、採光、通風・排熱のための高窓の提案等自然の恵みを活かす為のパッシブデザインの仕組みを多く取り入れています。
 壁・屋根面での付加断熱、ボード気密工法等を採用する事により、HEAT-G1基準の断熱性能を担保し、「冬暖かく・夏涼しい」パッシブデザインの住まいとして計画しています。
 暖房には、コンクリートを蓄熱体としたヒートポンプ式蓄熱床下暖房を採用し、合わせてダクトレスの熱交換型換気システムを採用する事により、輻射熱による居心地の良い室内環境を実現しています。
 是非お越し下さり、「気持ちの良い空間」と「居心地の良い環境」をゆっくりと体験頂ければ幸いです。

■日時:2017年11月4日(土)11時〜17時、5日(日)11時〜15時
■場所:神奈川県横浜市青葉区
■交通:東急田園都市線「たまプラーザ駅」徒歩7分
■お願い:お越しの方は、事前にメール又はHPのお問い合わせフォームから申し込みをお願いします。
後日、案内図を送らせて頂きます。
※お車でのご来場はご遠慮下さい 。
※お手洗いはご利用できません 。
■規模:木造2階建て
■延床面積160.65m²+小屋裏収納

■連絡先:HAN環境・建築設計事務
e-mail/info@han-arc.com
tel / 03-5799-4285
d0056527_10053194.jpg
d0056527_10051425.jpg


[PR]

# by han-arc | 2017-10-26 10:00 | 「たまプラーザの家」
2017年 10月 25日
「久地の家」オープンハウスのお知らせ

この度、「久地の家」が竣工し、建て主さまの御好意によりオープンハウスを行う運びとなりました。

「久地の家」は、定年退職を期に生まれ育ったご実家を建替え、第二の人生を楽しむ住まいづくり(平屋建て)の計画としてスタートしました。「コンパクト」かつ「広く」利用できるように、ご主人の趣味の自転車を楽しむ「玄関土間」を家の中心に置き取り囲むように各部屋を配置し「玄関土間」から各部屋にアクセスできる平面計画としています。リビングは、冬でも日が入り開放的かつ落着いた生活ができるよう開口部の位置に注意しています。

日射遮蔽や採光、通風、排熱などの自然の恵みを活かすパッシブデザインの仕組みを多く取り入れています。また、冬の暖房に「床下エアコン」を採用し、10畳用のエアコン1台で家全体の暖房を行っています。是非お越し下さり、「気持ちのいい空間」と「床下エアコン」の暖かさを体験いただき、ゆっくりとご覧頂ければ幸いです。


■日時:2017年11月11日(土) 11時〜17時
■場所:神奈川県川崎市多摩区
■交通:JR南武線「久地駅」徒歩8分
■お願い:お越しの方は事前にメール又はHPのお問い合わせフォームから申し込みをお願いします。
後日、案内図を送らせて頂きます。
※お車でのご来場はご遠慮下さい 。
※お手洗いはご利用できません 。

■規模:木造平屋建て
■延床面積70.35m²+小屋裏収納

■連絡先:HAN環境・建築設計事務
e-mail/info@han-arc.com
tel / 03-5799-4285


d0056527_16523305.jpg

d0056527_21155501.jpg


d0056527_21154724.jpg
d0056527_21154397.jpg
d0056527_21155995.jpg

d0056527_21153825.jpg



-minami-






[PR]

# by han-arc | 2017-10-25 16:54 | 告知
2017年 10月 16日
尾瀬トレッキング2017秋

HAN環境・建築事務所では、2年程前から秋に事務所のメンバーと知り合いの会社の方達と1泊程度のトレッキングに行く事が恒例行事となっています。

2年前の裏福島、安達太良山登山(ホテリアアルトに宿泊)と昨年の上高地(帝国ホテルに宿泊)と続き、今年は10月の初めの週に尾瀬に湿原の紅葉を楽しむトレッキングに行って来ました。

事前の天気予報では、1日目は、終日雨との事だったので、十分な雨および防寒装備を着込んだ上で向かったのですが、運が良い事に両日共天候に恵まれ、草紅葉を堪能してきました。

尾瀬には、何度か登山・トレッキングで来ていますが、秋に行くのは初めてでした。

d0056527_20014723.jpg
○1日目 山の鼻から尾瀬ケ原に入った際の風景、正面に燧ヶ岳

10数年前には、燧ヶ岳に登りましたが、今回は、トレッキングなのできついルートは通りません。

d0056527_20022963.jpg

○1日目 池塘

草紅葉と羊草の紅葉

d0056527_20031400.jpg

○1日目 山トリカブト

山トリカブトが寒さに耐えて咲いていました。

d0056527_20071485.jpg

○2日目 山小屋の朝

1日目の夜は、見晴の「原の小屋」に宿泊。尾瀬の山小屋は、恵まれており入浴も可能でした。

朝の食事は、5時45分からというのが山小屋ならではです。

d0056527_20080673.jpg

○2日目 尾瀬ケ原と至仏山

至仏山には、8年前?に登りました。今回は、それ以来の尾瀬トレッキングとなります。

d0056527_20082016.jpg

○2日目 冬枯れのリンドウ

木道の間に青いリンドウのつぼみ、開花するのでしょうか?

d0056527_20091130.jpg

○2日目 アヤメ平から望む燧ヶ岳

帰りは、アヤメ平に上がるルートを選択し、尾瀬の山々を堪能しました。

d0056527_20092128.jpg

○2日目 ハウチハカエデの紅葉

尾瀬は、紅葉真っ盛り。町中では見られないすごく奇麗な紅葉でした。

ma2da








[PR]

# by han-arc | 2017-10-16 20:10 | 登山