2017年 10月 16日
尾瀬トレッキング2017秋

HAN環境・建築事務所では、2年程前から秋に事務所のメンバーと知り合いの会社の方達と1泊程度のトレッキングに行く事が恒例行事となっています。

2年前の裏福島、安達太良山登山(ホテリアアルトに宿泊)と昨年の上高地(帝国ホテルに宿泊)と続き、今年は10月の初めの週に尾瀬に湿原の紅葉を楽しむトレッキングに行って来ました。

事前の天気予報では、1日目は、終日雨との事だったので、十分な雨および防寒装備を着込んだ上で向かったのですが、運が良い事に両日共天候に恵まれ、草紅葉を堪能してきました。

尾瀬には、何度か登山・トレッキングで来ていますが、秋に行くのは初めてでした。

d0056527_20014723.jpg
○1日目 山の鼻から尾瀬ケ原に入った際の風景、正面に燧ヶ岳

10数年前には、燧ヶ岳に登りましたが、今回は、トレッキングなのできついルートは通りません。

d0056527_20022963.jpg

○1日目 池塘

草紅葉と羊草の紅葉

d0056527_20031400.jpg

○1日目 山トリカブト

山トリカブトが寒さに耐えて咲いていました。

d0056527_20071485.jpg

○2日目 山小屋の朝

1日目の夜は、見晴の「原の小屋」に宿泊。尾瀬の山小屋は、恵まれており入浴も可能でした。

朝の食事は、5時45分からというのが山小屋ならではです。

d0056527_20080673.jpg

○2日目 尾瀬ケ原と至仏山

至仏山には、8年前?に登りました。今回は、それ以来の尾瀬トレッキングとなります。

d0056527_20082016.jpg

○2日目 冬枯れのリンドウ

木道の間に青いリンドウのつぼみ、開花するのでしょうか?

d0056527_20091130.jpg

○2日目 アヤメ平から望む燧ヶ岳

帰りは、アヤメ平に上がるルートを選択し、尾瀬の山々を堪能しました。

d0056527_20092128.jpg

○2日目 ハウチハカエデの紅葉

尾瀬は、紅葉真っ盛り。町中では見られないすごく奇麗な紅葉でした。

ma2da








[PR]

# by han-arc | 2017-10-16 20:10 | 登山
2017年 07月 10日
秋田・エコ住宅視察ツアー
少し前になりますが、4月の半ばにエコ住宅最先端を見学に秋田へ1泊2日の視察ツアーに出かけました。防忘録としてアップしておきます。
視察した建物は、もるくす建築社「佐戸の家(佐藤さん自邸)」、西方設計「西方設計アトリエ」、「Q1住宅モデル能能代(西方さん自邸)」の3つの建物です。
「佐渡の家(佐藤さん自邸)」「Q1住宅モデル能能代(西方さん自邸)」については、パッシブハウス基準の性能を持つ高性能の住まいです。
d0056527_9172689.jpg
d0056527_9155882.jpg

○ 「佐戸の家(佐藤さん自邸)」
もるくす建築社の佐藤さんの自邸です。
断熱については、屋根:ウッドファイバー480㎜、壁:ウッドファイバー420㎜、基礎:EPSボード200㎜、Q値:0.82W/m2K、C値0.1cm2/m2のパッシブハウス基準の高スペック。
エネルギーについても、化石燃料を使わず、エネルギー自給自足を旨とするオフグリット住宅として設計されています。調理は、薪を熱源をするコンロを使用していたり、冬に2回程訪れる電力機器の際、テレビを見ずに洗濯機に電力を廻すという暮しについての踏み込んだ話まで聞けたのが収穫でした。
d0056527_9185132.jpg
d0056527_9175998.jpg

○ 「西方設計アトリエ」
「西方設計アトリエ」は、一度は訪れたい建物でしたが、念願がかない嬉しく思いました。シーランチのような縁甲板張りの外観と屋根緑化、外付ブラインドの取り合い、
庭とのバランスを含めとても好ましいアトリエでした。
d0056527_9193114.jpg
d0056527_9191578.jpg

d0056527_9214248.jpg


○「Q1住宅モデル能能代(西方さん自邸)」
 西方さんの新しい住まいについては、「日経ホームビルダー」等雑誌で事前に目にしていましたが、床下エアコン、開口部の納まり等ディディールを直接確認し、且つ西方さんのお話も伺う事が出来、大変有意義な経験でした。
仕様を確認してみると断熱については、屋根:高性能GW24kg 420㎜、壁:高性能GW24kg360㎜、基礎:EPSボード120㎜、Q値:0.98W/m2K となります。
断熱仕様のモックアップも展示してありましたので、画像貼付けておきます。
d0056527_9222714.jpg


いずれの住まいも、屋根及び外壁の断熱材厚さは、通常より3〜4倍程の厚みとなっていますが、デザインとしては、厚さを感じさせない様にうまくまとめられており、お二人に話を聞いてみたところ、両人共、ドイツ・スイス圏のエコ住宅を念頭に於いて設計を進められている事を強く感じました。
ma2da
[PR]

# by han-arc | 2017-07-10 09:23 | パッシブデザイン
2017年 07月 03日
久地の家が上棟しました
神奈川県川崎市久地で設計を進めていた「木造平屋」の住宅が上棟しました。

上棟と梅雨の時期が重なり予定より1週間遅れましたが、上棟当日は天気に恵まれ、午前中には棟上げが終わりました。


施工は、10年以上工事をお願いしている工務店と監督さんにお願いしています。現場に行くのが楽しみです!


d0056527_13435361.jpg
-minami-



















[PR]

# by han-arc | 2017-07-03 13:22 | 久地の家
2017年 06月 26日
北八ヶ岳登山
北八ヶ岳に行ってきました。
美しい白駒池の風景、深い苔の森、山頂からの眺望など、子供連れでも満喫できるオススメのコースでした。

娘(3歳)連れの登山計画を練る中で、北八ヶ岳は計画を立てやすく、実際にかなり魅力的だと感じたので情報を共有します。
みなさん是非!

北八ヶ岳は今回2度目。
初めて訪れた時は小雨でしたが、雨で苔の森が生き生きして、スタジオジブリ「もののけ姫」の舞台にいるようでした。
※実際は屋久島が舞台ですが、ここにも「もののけの森」と名のつくエリアがあります。
d0056527_20482917.jpg
■エリアマップです↓
□白駒荘ホームページより

□北八ヶ岳苔の会作成
とにかく苔が美しいです!

■今回のコースは
1日目:麦草峠(標高2130m)→丸山(2330m)→高見石(2300m)→白駒池(2115m)→白駒荘泊(標準コースタイム約2時間/3歳子連れタイム約3.5時間)
2日目:白駒池周遊(2115m)→にゅう(2352m)→白駒荘(標準コースタイム約2.5時間/3歳子連れタイム約3.5時間)

多少のぬかるみはありましたが危険のないコースでした。
3歳の娘は両日とも登りは自力登頂、下りはリュックに背負いました。5歳位になると登り下り共に平気な気がします。

■子連れ登山としてオススメの理由です!
1.気軽で魅力的なコースがいくつか
□麦草峠〜高見石〜白駒池:高見石小屋に泊まるならこのコースも手軽です。
□白駒池周遊:登山をしなくても、池の周遊+白駒湿原だけでも十分満喫出来ると思います。
□白駒池〜にゅう:神聖な苔の森に足を踏み入れ、頂上からは白駒池やアルプスの山々が望めます。
□白駒池駐車場側〜麦草峠:黒曜の森と呼ばれ、ハイマツが美しいコース。プラスアルファで加えるのも良いかと。

2.宿泊場所が色々
白駒荘:白駒池の展望が良い、家族連れには過ごしやすい宿
青苔荘:白駒池のほとりの山小屋的宿。テント場もあるので車でのアクセスなら荷物も予算も気軽!
高見石小屋:星空観測で有名な宿、天体望遠鏡あり
黒百合ヒュッテ:登山者には人気の名宿。子供が小学生になればコース的にも十分大丈夫かも。 
 
3.アクセスも気軽
□道路も整備されていて、自家用車があれば気軽にアクセスできる
□JR中央線茅野駅から路線バスあり
※路線バスは7/1から運行だったので、今回は4人でタクシーにて、10000円弱。
□北陸新幹線-佐久平駅から路線バスあり

4.魅力的な季節が長い
□冬季:雪山登山の入門コースとしてよく雑誌等で特集されています。
□春、夏:6月〜9月 苔と針葉樹シラビソ、落葉樹ダケカンバの森をどの時期でも満喫出来ます。
□秋:白駒池の紅葉は絶景です!
  
5.近くに「信玄公の隠し湯」と呼ばれる渋温泉あり
渋御殿湯:かなり雰囲気あります。一度は是非。
渋辰野館:今回はタクシー運転手オススメのこちらへ。隠し湯的な雰囲気は「渋御殿湯」のほうが大きかったです。

北八ヶ岳の苔の森には初登山の友人もかなり感動してました。
子連れでも、大人だけでもオススメです。

by tomita
d0056527_20482722.jpg
白駒池と白駒荘の風景
d0056527_20483461.jpg
白駒湿原を歩く
d0056527_20483888.jpg
「にゅうの森」
d0056527_20483796.jpg
「にゅう」への登山路
d0056527_20483925.jpg
「にゅう」山頂
d0056527_20484255.jpg
「白駒池」を見下ろす
d0056527_20484593.jpg
山頂にて
d0056527_20484749.jpg
背中で快適な娘
d0056527_20484930.jpg
白駒池

  



[PR]

# by han-arc | 2017-06-26 03:36 | 登山
2017年 06月 01日
「九十九里の家」模型写真
ファーストプレゼンテーションの模型です。
当初と大きな構成は変わらず、大らかな平屋住宅になりました。

実施設計を終え、これから工事が始まります。
11月の竣工に向け月2回程度、九十九里に通います。

by tomita
d0056527_674320.jpg

d0056527_673419.jpg

[PR]

# by han-arc | 2017-06-01 19:36 | 九十九里の家
2017年 05月 28日
事務所移転のお知らせ
 このたび、弊社HAN環境・建築設計事務所は5月29日をもちまして事務所を下記に移転することになりました。新事務所は、弊社設計の木造3階建て集合住宅「梅ラウンジ」の一階となります。今後とも変わらぬご支援の何卒よろしくお願い申し上げます。

HAN環境・建築設計事務所
松田毅紀・冨田享祐・南澤圭祐

新事務所
住所:〒154−0022 東京都世田谷区梅丘1−59−28梅ラウンジ 1F
TEL:03−5799−4285/ FAX:03−5799−4287    
E-mail:info@han-arc.com/URL:http://han-arc.com        
(*住所以外の変更はありません。)

d0056527_9432185.jpg

[PR]

# by han-arc | 2017-05-28 09:43 | 告知
2017年 05月 24日
「九十九里の家」地鎮祭
敷地は九十九里浜から数百メートルの位置にある温暖で緑豊かな環境、
東京オリンピックのサーフィン会場にもなる一宮町。

本日は晴天の中、無事地鎮祭を行うことが出来ました。
施工は「かしの木建設」さん。
背中にある「樫(かし)」の文字が頼もしいです!

今回「習志野の家」に続き2棟目のお願いです。
若い優秀な大工を大勢抱え、腕と誠実な仕事ぶりのオススメ建設会社さんです。
「習志野の家」のブログ記事はこちら↓
http://hanarc.exblog.jp/i30/

by tomita
d0056527_5511486.jpg

[PR]

# by han-arc | 2017-05-24 21:38 | 九十九里の家
2017年 04月 12日
「ume lounge」造園計画
「ume lounge」造園計画は、ABデザインの正木さんにお願いしています。
イメージスケッチも描いて頂きました。とても良い感じです。
d0056527_2024554.jpg

ma2da
[PR]

# by han-arc | 2017-04-12 18:00 | 「梅丘PROJECT」
2017年 04月 11日
「ume lounge」ポケットパークのしだれ桜
先週末は、「ume lounge」に隣接するポケットパークのしだれ桜が満開でした。
ポケットパーク前に窓を設け視線の広がりを感じられる様プランニングしています。
各階の窓からしだれ桜がよく見えます。
今週末の内覧会まで持つと良かったのですが、今日の雨でだいぶ散ってしまいました残念です。
d0056527_1924409.jpg
d0056527_19241335.jpg

ma2da
[PR]

# by han-arc | 2017-04-11 19:25 | 「梅丘PROJECT」
2017年 04月 06日
「ume lounge」オープンハウスのお知らせ
d0056527_1714894.jpg

このたび、木造の小さな共同住宅「ume lounge」が竣工し、
建て主さまの御好意によりご興味のある方を対象にオープンハウスを行う運びとなりました。

小田急線の梅丘駅と豪徳寺駅より徒歩5〜6分の敷地に建つ、各階1LDKの住戸を1戸ずつ重ねた3層の
小さな木造集合住宅の計画です。
南北に細長く厳しい住環境の敷地ですが、隣接マンションの植栽帯、ポケットパークを活かし、本計画
でも通路沿いの細い緑地を効果的に活用したプランを提案しております。

お忙しいとは存じますが、是非お越し下さり、ゆっくりとご覧頂ければ幸いです。

HAN環境・建築設計事務所   松田・冨田・南澤

■日時:平成29年04月14日(金) 13:00〜17:00
    平成29年04月15日(土) 10:00〜17:00

場所:東京都世田谷区
交通:小田急線「梅丘駅」から徒歩5分
   小田急線「豪徳寺駅」から徒歩6分
   (お車での来場はご遠慮ください)
お願い:お越しの方は事前にメール又は電話にてご連絡お願いします
    案内図を送らせて頂きます
    お手洗いは利用できませんのでご了承下さい
連絡先:HAN環境・建築設計事務所
    tel / 03-5799-4285
    E-mail / info@han-arc.com

ご興味のある方は、事務所までご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。
[PR]

# by han-arc | 2017-04-06 17:03 | 「梅丘PROJECT」